【国内MBA進学は十分意味がある】国内MBAって意味ない?進学を検討する方へ

1.国内MBA

国内MBA検討していますか?

こんにちわ、ソウタです。

このブログを見ていただいている方は、MBA進学検討を回りに話して反対されたり、意味がないよと言われたりして不安に思っている方もいるのではないでしょうか?

今回は、国内MBAが意味ない?に対して解説したいと思います。

国内MBA進学は「目的によって十分意味がある」

早速結論ですが、国内MBAに進学して意味があるかどうかは進学の「目的」によります。進学の目的は、国内MBAを受講中と卒業後にわかれると思います。

今回は国内MBAに特化しました。海外MBAでも共通することはあると思いますので、読み替えてみてください。

費用対効果は、MBAにかかるコストがそれぞれなのと、効果の定量化がケースによることからこの記事では特別重点を置いて扱っていません。ではいってみましょう!

国内MBA進学よくある目的6選

知的好奇心を満たしたい→◎

これは間違いなく達成できると思います。会社員をやっているだけでは得られない知的好奇心を満たすことができます。会社員でもベンチャーのようななんでも自分でやらなければまわらない!といったような経営幅広く扱う業務であれば別ですが、私がいた大企業では部分的な業務をやることが多いため、営業なら営業に閉じた経験になると思います。時には現役経営者が登壇して話してくれることもありましたし、ケーススタディにおいてディベートをすることもありました。知的好奇心を満たすことが目的であれば、国内MBAはおすすめです。

宝島社の「MBAの超基本 見るだけノート」ではMBAの基本的スキルを図解でわかりやすく解説しています。1時間で読めて活用できるので興味がある方は参考ください。

 

年収を上げたい→△

MBAに過度な期待をしてはいけません。MBA持ってます!で年収が上がることはないです。結果的に年収面で向上した卒業生も多いですが、MBAがあるからという理由ではなく、この経験を活かしてビジネスを興す、あるいは、転職するといったアクションと努力があってこそです。入学前は私も年収上げることができそう?と思っていましたが、在学生は不思議とあまりそのような観点に執着していなかったように思います。自らビジネスを興すことを目的にしている人も多く、会社を大きくしたい!と言っている人がいましたが、そもそも雇われる思考がもうなかったのかもしれません。転職エージェントと面談して実際のところどう?と聞いてみるといいと思います。

知識/スキルを向上させたい→〇

経営に関する知識は身に付きます。また、研究テーマによっては自分が求めるスキルを身に着けることも可能でしょう。これも年収につながりますが、私の場合のような金融機関のある特定業務で発揮できる、あるいは、転職して発揮できるスキルが身に付くとは直結しないと思います。この身に着けた知識/スキルをベースに会社経営や企業においてより高い成果を出すといった活動に役立つ印象です。知識/スキルがあるというだけでは、そのものでは何にもならないからです。その知識/スキルを使って、アウトプットしたものが評価されるかされないかということだと思います。

コンサルティング会社に転職したい→〇

コンサルティング会社に転職していったメンバーはそれなりにいました。MBAは一定程度加点評価になっているのだと思います。ただし、転職成功したメンバーはMBAでの経験に加えて、専門性や素養などほかの要素でも評価されて採用されたものと思われます。コンサルティング会社によっては、在籍しているコンサルタントにMBA卒業生を紹介させて、採用の1ルートとして活用している会社があるようです。そういうことも踏まえるとコンサルティング会社への転職にとっては国内MBAは意味があるものと言えるかもしれません。

ビジネスパートナーを見つけたい→◎

見つかると思います。ご自身が何のビジネスをやっているかにもよりますが、卒業生同士でコラボレーションして卒業後に一緒に仕事をしているケースがよくあります。また、MBAによってはインキュベーションを持っていたりして卒業後も学校に残ってビジネスをやっているメンバーもいます。私の同期は起業するメンバーも多かったですが、複数合同で会社設立して活動しているメンバーもいます。同期だけでなく年代の違う卒業生、教授、お世話になった講師などつながりができます。社会人になってから深く信頼を結ぶ関係は少ないので、とてもいい機会だと思います。

拍を付けたい→△

私も進学前は思っていました。MBAって言えたらかっこいいかな〜と。卒業してから名刺を作ったときにMBAと入れることももちろんできたのですが、やらなかったですね。なんだか自慢ぽいし、名刺ってビジネスのあらゆる場面で使うので、利害がある場合もたくさんありますよね。わざわざ言わない方がいい場面の方が多い気がしたのです。持ってる人も少なく、共通の話題として盛り上がることもないので、やめました。同じ理由で中小企業診断士も名刺には載せてません。

まとめ

いかがだったでしょうか?国内MBAって意味ない?と言われたり考えたりしている方の参考になるかと思って経験者の私なりに解説してみました。参考になることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました