中小企業診断士合格体験インタビュー 2020年1,2次合格 30代家庭ありさん

2.中小企業診断士

中小企業診断士試験勉強、がんばってますか??

こんにちわ、ソウタです。

このブログを見ていただいている方には、中小企業診断士試験がんばっている方ももいるのではないでしょうか?今回は、診断士に合格された方にインタビューした体験談をお送りします。勉強のモチベーションアップや参考にご活用ください。

30代 家族あり さん 2020年1,2次合格 総勉強時間600時間

勉強で苦労した点
一次試験は範囲が広く、苦手科目に対するモチベーションの維持が難しいです。業務繁忙や夜のお付き合いが重なったりすると、入り口で計画した通りに進まないことが多々ありました。仕事をしながらの勉強時間確保が、皆さん一番苦労する点ではないでしょうか。一方で、得意科目でカバーすることはできるので、最後まであきらめずに取り組めるかがポイントだと思います。試験時間中の最後まで諦めずに絞り出すことが大切だと思います。

勉強してよかったと思う点
幅広い知識を体系的に習得するきっかけとなる、バランスの取れた資格だと思います。自身の日常業務に活きること・既に知っていることは得点源にできますし、普段触れない科目は新たな知識習得の機会と捉えられると思います。広い視野をもつという点で、大変良い経験となりました。
また、一つのこと(受験勉強)に没頭して出し切るということは、社会人になって以降、仕事以外では初めての経験でした。プライベートでも目標を決めて、それに向かって計画的に取り組むこと、そしてそれを成し遂げることの達成感は、勉強してよかったと感じる点です。

これから中小企業診断士を学習する人へのアドバイス
1次試験が終わると、すぐに2次試験の準備が始まります。幅広い内容の1次試験が終了すると、一旦気が抜けてしまいますが、この資格試験の本質は2次試験にあります。資格学校の回答法ノウハウや、模範解答で型を身につけるのは大切ですが、私が一番大切だと思うのは、過去問1つ1つの会社を自分のクライアントとしてイメージし、自分なりの助言ができるか、要するに「自分の言葉で語れるか」だと思います。試験前は、紙上ではありますが個々の会社の状況を頭に浮かべ、過去問題文以外にもどのような助言が適当かをイメージすることをお勧めします。

いかがだったでしょうか?去年残念な結果だった方も今年いい結果になるよう祈っております。

タイトルとURLをコピーしました