【挫折あるある】中小企業診断士試験勉強、挫折しそうになる瞬間6選

2.中小企業診断士

みなさん、2次試験結果いかがだったでしょうか?

今回残念な結果だった方も、今年の合格に向けて再スタートできているでしょうか、これまで勉強してきたことは決して無駄になることはありませんが、せっかく勉強してきた成果を資格として形に残せるようにしたいですよね。

診断士勉強、挫折しそう..

1,2次試験勉強で何度も挫折しそうになった私の経験や勉強仲間の経験などから、診断士試験で挫折しそうになる瞬間あるあるを紹介したいと思います。

利用方法
・既にクリアしている→自信を持ってください!
・まさに直面している→みんなそうなんだ~と共感して元気を出してください!

それではいってみましょう!

【中小企業診断士挫折あるある】

①1次試験の量が多すぎ

まず7科目もあるんですよ。毎日1時間勉強しても月曜にやった科目に次出会うのは7日後なんですよね。どこやってたか忘れるレベルです。1次を受験していたときは時間が確保できなくても1日2科目を回すことにしていました。そうすれば中2日でまた同じ科目を勉強することになり、記憶が定着していくことを実感しました。また、過去問を5年分縮小コピーして持ち歩いていましたが、1科目A4で2枚くらいだったので、7科目×5年分×2枚=70枚になってました。それ以上小さくすると見えなくなるので、コピー用紙の束を持ち歩いてましたね。

②科目合格有効期限が切れる

1次試験は科目合格制度があり、科目合格免除を受験時に申請すると3年間有効期間があり、翌々年まで受験免除になります。詳しくは協会HPの資料を確認ください。私は経験しませんでしたが、勉強仲間が1次試験勉強が長期化して最初の年に受かった2科目の有効期限が切れました。しかし、本人曰く、初年度に受かった科目はもともと得意だった科目なので、4年目に再受験になっても問題なかったとのこと。3年目に受かった苦手科目が有効期限切れになったら本気でオレるかも。。とも。
https://www.j-smeca.jp/attach/test/kamokugoukakupatterns.pdf

③経営情報システムで鬼ムズの年にあたる

各科目が年によって難易度にばらつきがあります。経営情報システムは特に平均点・科目合格率の上下動が激しい科目です。スタディングさんが科目受験数と科目受験合格数を中小企業診断協会の統計資料からわかりやすく見せていますね。合格率が20-30%くらいで水位する科目が多い中、平成25年は平均点70点越えしたり、平成28年は平均点45点で科目合格率が10%を切るといった乱高下ぶりです。一発合格を目指そうとするとこのあたりのことを理解しておく必要があります。どんな難問が来てもクリアできる実力をつけるか、運を味方につけるか、どちらかになりそうですね。

令和2年度(2020年度)中小企業診断士 第1次試験 科目受験者数・科目合格者数

受講者累計90,000人突破!オンライン講座スタディング 中小企業診断士講座

④2次試験勉強しても点が伸びない

とにかく積み上げれば得点が伸びていく1次試験と違って2次試験は4つの事例に対して文書で示され、4-5問の文章問題に対して指定文字数以内で答えるという試験スタイルです。読解力、論理力、作文力、テクニックなど総合的な力を求められます。「経営診断力を問う」という定量的に評価が難しい内容をテストするため、こうならざるを得ないと考えますが、事例を解きまくって覚えれば点数が伸びるかといえば、そうなりません。身近な企業を材料に経営診断するならどうやるか、基本スタンスは何かといった多角的な勉強が必要になります。診断士協会HPに過去問が載っています。
https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/shikenmondai.html

⑤2次試験できたと思っても合格とは限らない

診断士協会HPにある合格基準には、「9. 合格基準 合格基準は、筆記試験における総点数の 60% 以上でかつ 1科目でも 40% 未満のものがない者であって、口述試験における評定が 60% 以上のものです。」と書いてあるんですよね。「%」がくせものです。60点取ればいいとは書いていない。毎年の合格者数を見るとある程度の割合で推移しているため、相対的に評価していると考えられています。自分が「できた」と思っても他の受験生が優秀な年だと合格しない、ということが起こるということです。資格学校のホームページなどでも解説しているページがあるのでそちらもご覧ください。
https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/010_c_r02_shiken/R02_2ji_shiken_about.html

⑥試験料が高い

診断士試験は1次が13,000円、2次が17,200円です。国家資格で運営されている方のコストなどを踏まえると妥当とも言えますが、他の国家資格と比べて比較的高い水準です。1,2次ダブルで受験すると3万円超えなので、多年度受験になると毎年出費することになります。受験料を払うときに「今年で終わりにするぞ!」と考えてがんばっていました。どちらにしても短期間で合格できるように計画/集中して勉強するのがいいと思います。
https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/010_c_r02_shiken/R02_1ji_shiken_about.html
https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/010_c_r02_shiken/R02_2ji_shiken_about.html

勉強を辞めた体験談

【勉強を辞めた経験談】中小企業診断士試験の難易度
中小企業診断士試験の勉強に興味を持つ方の中には、中小企業診断士試験は難しい、難易度が高いと考えている方もいるのではないでしょうか。 たしかに、中小企業診断士試験は1次試験が申込者2.1万人/全科目合格者4.4千人(約20%)、2次試験...

まとめ

いかがだったでしょうか?中小企業診断士試験に関する挫折しそうになる瞬間をまとめました。今回残念だった方も、みんな同じなんだ~と共感いただき停滞期間を短くして短期合格を願っています!

 




タイトルとURLをコピーしました