国内MBA進学体験インタビュー

1.国内MBA

こんにちわ、ソウタです。

このブログを見ていただいている方には、MBAに興味を持つけれど一歩踏み出せない、といった悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか?

今回は、仕事をしながら国内でMBA進学された方にインタビューした体験談をお送りします。

国内MBAはリスクが低いと考えるところがポイントですね!

40代男性
ビジネスブレークスルー
豪BOND大学
通学期間:
2003年1月~2008年2月

国内MBAに進学しようと考えたきっかけ、理由

アメリカに短期語学留学をした際、その大学がMBAコースを持っていた事がきっかけで興味を持ちました。その後MBAについて詳しく調べて、またMBAホルダーに感想などを聞き米大学院にトライしようとしましたが、TOEFL及びGMATの点数が届かない事から国内の大学院を調べました。在籍していた大学でもMBAホルダーを目指す人が少なくない環境もこのような興味をもつきっかけになったと思います。いずれにしても米国大学院は英語が不足していたのと、会社を辞めて行く勇気がなかった事もあります。

【英語力不要】国内MBAって英語力必要?
国内MBAを検討しているが英語力がなくて不安に思っている方、いるのではないでしょうか? 今回は、国内MBAで英語力必要か?について国内MBAを卒業した体験から解説したいと思います。MBAに進学したはいいものの、英語がしゃべれなくて授業...

進学/卒業してよかったと思う点

経済におけるマクロミクロを両方の観点から学ぶことができたこと。またディスカウントキャッシュフローなど投資における基本的な考え方も今の業務につながっていると思います。大学時代あまりしっかり勉強してこなかったこともあり、ビジネスをする上での基礎固めができたと思います。また在学中周りの生徒と仲良くなり一緒に勉強したり発表したりするなど社会人になってからでも学友と呼べる仲間ができたこともMBAに挑戦して良かったことと思います。

進学前、在学中に苦労した点

特に時間がなかったことが苦しかったです。平日は仕事で週末は運動部に入っていたこともあり、主に勉強時間は平日帰宅後か週末の夜をメインに勉強していました。
また1科目終わるごとにテストがあるため土曜日か日曜日はテスト勉強及びテストで終わってしまうため月曜日から仕事が始まっても気分転換ができず大変でした。
他には勉強の中身で理解することが困難な箇所がいくつかあり自分で本屋さんに行って参考書などを買うこともしてなんとかしのぎました。

これから国内MBAへ進学を検討する人へのアドバイス

現在は国内海外関係なくMBAを取れる環境が整っていますので仕事を辞める必要もなく仮に失敗したとしてもリスクの低い国内MBA進学すると言う事は1つの適切な選択肢と思います。英語も国内MBAでは使う科目があるかと思いますし、英語は英語で勉強する方法はいくらでもあるので海外に行くメリットは現在改めて少なくなったと感じます。逆にデメリットとしては外国人の生徒の友達ができない、あるいは英語でディスカッションする機会が少ないなどが挙げられます。これらのプロコンをよく考えて判断されることをお勧めします。

まとめ

いかがだったでしょうか、国内MBAをひとつの選択肢として検討されている場合は、参考にしてください!

 

タイトルとURLをコピーしました